続・樽を知ろう!

 年末に買ったワインもウイスキーもあらかた飲み干してしまった須藤です。
 そろそろまた物色する日々が始まり、軽はずみに購入してしまうのが目に見えています。
 
 閑話休題。
 
 さて、本題ですが樽についてのお勉強再開です!
 弊社通販サイトの紹介文でも「シェリー樽」・「バーボン樽」と何の気なしに書いていますが、今回はこの樽の違いが中のウイスキーにどんな影響を与えているのかについてのお話です。
 その前段階としてまずは前回も少しだけ触れた、樽の材料。中でも現在ウイスキーの熟成に使われている樽の材質として最もメジャーな「オーク」について触れてまいりましょう。寄り道のように見えますが、しっかり味わいに関わってくる要素なので是非お付き合いください!


目次
1.オークの特性
 1.1ヨーロピアンオーク
 1.2アメリカンオーク
 1.3単純ではない「○○樽」の判別
2.バーボン/シェリー樽 ウイスキーへの影響
 2.1 お値段
 2.2肝心の中身は…?
 2.3やはり一口には語れない…


 
1.オークの特性

 堅牢性や加工のしやすさも勿論、近代では樽材から浸出する成分として「ポリフェノール」など、健康増進に関与する機能などにも着目されたことで、現在では世界のブラウンスピリッツを熟成する樽としてダントツNo1シェアを誇る木材が「オーク」です。
 メジャーな樽材だけに世界の様々な場所に生育するオーク。地域によって色々と分類が出てきます。
 
1.1ヨーロピアンオーク
 ヨーロッパ一帯に広く分布するオークの総称ですが、細かく分類すると、木の芳香が強い「セシルオーク」・タンニンが豊富な「コモンオーク」に分かれ、それぞれワイン・コニャックの熟成に重宝されています。また、コモンオークの中でもスペイン産の「スパニッシュオーク」はスペインからイギリスへのシェリー酒輸出に際して樽材として利用されてきたことから、古来よりスコッチウイスキーの熟成に流用されてきた歴史があります。
 ところが、ある時期を境にシェリー酒はスペイン国内での瓶詰を義務付けられ、イギリスに入ってくるシェリー輸出樽の量は一気少なくなります。これによってスコッチウイスキー熟成樽の多くはアメリカから入ってくるバーボンの樽に入れ替わることとなりました。
 勿論シェリー樽が廃れてしまったわけではなく、現在ではウイスキーメーカーがシェリーメーカーに樽を持ち込み、目的別にシェリーを詰めてもらうという方法でシェリー樽は造られ続けています。所謂「シーズニング樽」というやつですね。今ではシェリー産業を支えるビッグビジネスの一つとなっているそうです。
 
1.2アメリカンオーク
 北米大陸を代表する樹木。世界の様々な酒類で幅広く利用されており、アメリカンウイスキーの殆どがこのアメリカンオーク樽。スコッチでも現在は約9割がこれを使用しています。オークの中でもウイスキー樽に使われる代表品種であると言って良いでしょう。
 このアメリカンオークが世に溢れる理由は幾つかありますが、まず至極単純な理由として一つ。広大な北米大陸に雨後のタケノコの如く植生しています。それはもう石を投げればアメリカンオークに当たるという具合。さらに丈夫で液漏れせず製造コストも安価となるとこれはもう使わない手はありません。
 特に他所から持ってくる理由が無い以上、必然アメリカンウイスキーの多くはアメリカンオークで造られます。しかも、アメリカンウイスキーはコーンウイスキーなどの一部を除いて法律上「内側を焦がした新樽」で熟成する事が義務付けられています。 
 ここで注目なのが「新樽」というワード。どどのつまりアメリカ国内で使えるのはほぼ1回きりということです。行き場を失った樽が何処へ行くかというと…先程のお話に繋がって、イギリスへと旅をしてスコッチの熟成に使われるのでした。
 
1.3単純ではない「○○樽」の判別
 こんな経緯もあり、ほとんどの場合は「バーボン樽⇒アメリカンオーク」・「ヨーロピアンオーク⇒シェリー樽」と考えてもよろしいかと思います。意外と「ヨーロピアンオーク樽熟成」といった具合にシェリー/バーボン樽を明示しない商品もちらほら見受けられますので、凡そのアタリをつける参考になれば幸いです。 
 とはいえこの逆が成り立つとは限りません。例えばシーズニングや輸送ではなくシェリー自体の「熟成」には殆どの場合アメリカンオークが使われておりますし、アメリカンオークを持ち込んでシーズニングするメーカーも多数存在します。私も入荷商品の選定の際はしょっちゅう混乱してしまいます…
 
 
2.バーボン/シェリー樽 ウイスキーへの影響
 さて、それではようやくウイスキーのお話。よく聞く「シェリー樽」・「バーボン樽」、ウイスキーにどんな影響を与えるの?もっと突っ込むと、どんな味になるの?という所に触れていきましょう。
  
2.1 お値段
 まずは値段の面からお伝えすると、バーボン樽熟成よりもシェリー樽熟成のウイスキーの方が高くなる傾向にあります。前項にも記したようにスペインのシェリー輸出に樽が使われなくなった事で、必然シェリー樽は以前よりも手に入りづらくなりました。わざわざシーズニングのために自前で樽を用意し、シェリー業者に詰めてもらうという一手間がかかる分コストが高くついてしまうのですね。
 かたやバーボン樽ですが、「バーボン=新樽」縛りの影響で、次から次に新たな樽が製造され、バーボンを払い出す端から市場に供給されていきます。必然コストは下がり、同じ熟成年数でもシェリー樽熟成のウイスキーと比較すると安価に手に入る傾向があります。あくまで傾向ですが…
 
2.2肝心の中身は…?
 本音を言いますと、この辺の話題結構デリケートなんですよね…。下手なことを書こうものなら怖い人がスッ飛んできます。それは冗談としても、樽以外にもウイスキーに影響する色々な要素があるために「これがシェリー樽の味!」「バーボン樽はこう!」とは言い切りづらいところがあるのです。人によってかなり見解が分かれる部分ですので、この先は多分に私の主観が入りますことをご了承くださいね。
 
 さて逃げ口上はこの辺にして本題です。
 
 先ずはシェリー樽。バーボン樽に比べて明らかに色調が濃くなる傾向です。味わいについても濃厚・スパイシーになるという印象。フルーツで言えば色の濃い物や乾燥した物。
 よく浮かんでくるワードは「ドライレーズン」・「赤リンゴ」・「アーモンド」などでしょうか。入っていたシェリーの種類によっては「醤油」なんかの要素を多分に感じる場合があります。
 こんな例えは憚られるのですが、誤解を恐れずに言えば「ばっちりメイクの女性」、素の良さをベースにした「コントロールされた美しさ」と表現したくなります。
 翻ってバーボン樽熟成、麦・水・ピート・蒸留器などの、樽からの影響以外で決まる香りや味わいをそのウイスキーの「地」だとすると、バーボン樽のウイスキーはそれがはっきりと出てくると言えばよいのでしょうか。加えてバーボンのお約束「中を焼いた新樽」の影響で「バニラ」や「蜂蜜」などが顕著に。フルーツで言えばシェリー樽に比べて若いフルーツ、「バナナ」・「青リンゴ」などが感じられることが多いように思えます。
 先程の化粧の例えで言えば「ナチュラルメイク」とか「薄化粧」なんて言えばいいのでしょうか…?色々な方面から怒られそうな気がしてきました。
 
2.3やはり一口には語れない…
 …などともっともらしく書いてみたのはよいのですが… 鮮やかに表現できないものですね…。 一口にバーボン樽・シェリー樽などと言ってはみたものの、ウイスキー樽として何度目の使用なのか、さらには単一の樽ではなくバーボン樽8:シェリー樽2のヴァッティングなどなど、派生・可能性は無限大なのです…果てしない!!
 とはいえ、この2樽が基本の「キ」であることは確かです。購入の際の参考にしていただければ幸いです。



(本文・須藤元)

ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

佐川急便(通常)
全国一律880円(税込) 
※離島の場合は別途中継料が発生します

※クール便のご指定無く、輸送中や受け渡し後に起こった液漏れ、劣化等による返品・交換等は、お受け致しかねますのでご了承お願い致します。
クール便ご希望の方は、配送方法で「佐川急便(クール便)」をお選び下さい。
※夏季5月1日〜9月末日迄のご配送は、ワイン、詰替ウイスキーを単独もしくは同梱する際は、クール便(3度前後の冷蔵配達)でのお届けのみとなります。
佐川急便(クール便)
全国一律1,100円(税込)
※離島の場合は別途中継料が発生します

※夏季5月1日〜9月末日迄のご配送は、ワイン、詰替ウイスキーを単独もしくは同梱する際は、クール便(3度前後の冷蔵配達)でのお届けのみとなります。

RETURN 返品について

不良品
商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
在庫の関係上、もし代替品がない際は返金にて対応をさせて頂く場合があります。
返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。

●弊社の手配ミス、エチケット不良などによる場合(抜栓前)、返品・交換を承ります。
※事前にHP内にてエチケット不良に関しての注意事項を商品別に記載していた場合は除外します
●ブショネについては条件として中身とコルク、液体2/3以上残った状態が返品の必須条件となります。
返品送料
お客様都合、ブショネによる返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。
弊社の手配ミス、エチケット不良などによる場合(抜栓前)は当方で負担いたします。

PAYMENT お支払いについて

クレジット
各種クレジットカードでお支払いただけます。
ご注文承り次第、商品の発送手配をさせていただきます。お取引終了後に各クレジットカード会社から料金が引き落とされます。
佐川急便商品代引
配送会社の代金引換にてお届け致します。
恐れ入りますが、代金引換手数料をご負担ください。
銀行振込
お振込み確認後に商品の発送をさせて頂きます。
恐れ入りますが、振込手数料はお客様のご負担となります。
銀行振込(バーチャル口座)