純国産、原酒交換ブレンデッドモルトの登場

 早いもので連休が明けてしまいました…連日の夜更かしで体内時計が狂いに狂ったVinetBonheurハードリカー担当、須藤がお送りいたします。
 さてさて例年にも増して特殊なゴールデンウィークとなってしまいましたが皆様如何お過ごしでしたでしょうか。私はというと料理に読書、靴磨き、合間に燃料補給と称してウイスキーを煽る生活でした。自堕落&インドアな日々から果たして復帰できるのかしらん…?
 …とまあ出かけにくいならば出かけにくいなりに楽しみは転がっているものです。皆様もそれぞれに楽しい連休を過ごされたことと思います。
 
閑話休題
 
 さて、ゴールデンウィーク直前からこちら、モルトラバー諸兄の興味と物欲を一手に集めた商品といえばこの二つを置いて他にないかと思います。
 
 秩父×駒ヶ岳DoubleDistilleries そして駒ヶ岳×秩父MaltDuo ベンチャーウイスキー秩父蒸留所とMars駒ヶ岳蒸留所が2015年より進めてきた国内初、2蒸留所間での原酒交換を行った最初のプロジェクトが約6年の時を経て市場に投入されました。言わずと知れた肥土氏率いるベンチャーウイスキー・竹鶴氏の陰で日本ウイスキーのもう一人の祖と言われる岩井喜一郎氏の哲学を引き継ぐ本坊酒造…両蒸留所の知名度もさることながら、国内のモルト同士のヴァッティング・そしてそれぞれの地での熟成とブレンドという試みには、全モルトファンが注目したと言っても過言ではないでしょう。
 ※この少し前、「イナズマ」・「ファーイーストオブピート」という2つのブレンデッドジャパニーズがリリースされておりますが、あくまでプロジェクトスタート時期を考慮して日本初と表記しています。
 今回はこの「複数蒸留所間の原酒交換」という行為の意味、そしてこれからのJPウイスキーのあり様について思う諸々についてつらつらと書いて参ります。どうぞお付き合いの程…

 
目次
1.スコットランドでは日常茶飯事な「原酒交換」
2.一般普及してこそ。〜グレーンの重要性〜
3.どうなる?今後の国産ウイスキー

 
 
1.スコットランドでは日常茶飯事な「原酒交換」
 今回の原酒交換、さも特別なことのように書きはしましたが、スコットランドでは何のことはなく当たり前に行われている事でもあります。そもそも市場の多くを占めるのは複数の蒸留所の原酒を占める「ブレンデッドウイスキー」。今でこそ様々なシングルモルトの個性が鎬を削る時代ですが、そのシングルモルトを作る蒸留所だって元々はブレンデッド用の原酒を確保するために作られた所が数多くあるのです。
 例えばビリーウォーカー氏に見出され、今では大人気シングルモルトである「グレンアラヒー」だって元々はシーバスリーガルの為に動いていた蒸留所。スコッチウイスキーの繁栄は「原酒交換」によるブレンデッド百花繚乱と共にあったと言っても過言ではありません。
 歴史を紐解いてみてもウイスキーがスコットランドを代表する酒の座を獲得する上ではブレンド業者の活躍あってこそ。原酒交換という習慣は、様々なブレンデッド・派生商品が生まれるための土壌として欠くべからざる重要なファクターなのです。
 

2.一般普及してこそ。〜グレーンの重要性〜
 話を日本に戻しましょう。シングルモルトブームの華やかさの陰で、売れているウイスキーと言えばやはりブレンデッド。特に「角」・「ブラックニッカ」この2銘柄は国内の戦後ウイスキー市場を代表する存在と言えます。
 そういった意味ではこれまでの国内市場はサントリー・ニッカウイスキーの二強による独壇場であったと言えます。そしてそれは向こう数年続くでしょう。その要因はとりもなおさず市場に投入できる圧倒的な商品量です。そして、その優位性はグレーンの生産能力に拠る所が大です。シングルモルトにせよブレンデッドにせよ、「安定供給」こそが一般に普及するための絶対的な条件ではないでしょうか。
 勿論、次々と台頭するクラフト蒸留所の個性・品質には目を見張る物があります。私個人としても静岡・三郎丸など3年目のファーストリリースを体験しておりますが、どれも次のリリースが楽しみになる素晴らしい味わいでした。が、悲しい程に本数が少ない…弊社としてもBarのお客様に卸す分を確保するのが精一杯。ご家庭でウイスキーを楽しむ層には飲む機会がほぼ回って来ないのです。
 誤解を恐れずに言ってしまえば、如何に高品質といえども、「飲めないお酒」についてはやはりどこか白けた目で見てしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。良識的なモルトラバー諸氏におかれましては、昨今のジャパニーズウイスキーの狂気のような転売価格に心とフトコロを痛めておられることと思います。そりゃぁ価格高騰といえば随分と景気が良く聞こえますが、転売価格では結局メーカー様の利益にはならないのです。いくら市場でアホらしい価格が飛び交おうとも、真面目にお酒を作るメーカー様にとっては希望小売価格ベース以上の利益は見込めません。※プロモーション効果などはあるかもしれませんが…
 グレーンウイスキーそのものが、大量生産のイメージから今一つ注目を集めづらいという点があるにせよ、マスカルチャー化してこそ文化の裾野は広がる物です。一時のブームではなく日本のウイスキーが文化としてより定着するには、今回の様な原酒取引の活発化、そしてそれを見越したグレーン生産の機運が高まることが必要であるように思えます。
 

3. どうなる?今後の国産ウイスキー
 勿論、一愛好家に過ぎない私のような人間が考えることは当然メーカー様もとっくの昔に考えている事です。比較的販売歴が長く欧州市場でも愛されてきたニッカの「カフェグレーン」をはじめ、サントリーブレンデッドを支えてきた「知多」、そしてキリンビール富士御殿場蒸留所の「富士」と近年各社がこぞってシングルグレーン商品を展開しており、シングルモルト程とは言い難いものの、グレーンが一般市場に受け入れられる下地は出来上がってきているのではないでしょうか。
 とは言えこれら三社は自社のブレンデッドウイスキーを見越しての生産。シングルグレーンの商品化も、既に販路や市場を潤沢に持ったビールメーカーの強みあってこそと言えます。そして、グレーン生産設備はどうしてもある程度の規模にならざるを得ません。原酒交換が当たり前な物となり、グレーン生産のビジネスチャンスと旨味が明確にならなければなかなか新たなグレーン蒸留所は望めないのでは…
 と、思った矢先嬉しい情報が!(情報自体は半年前なので私のリサーチ不足です…)
1883年創業、モルトウイスキー蒸留所である「嘉之介蒸留所」を擁する鹿児島県の焼酎メーカー「小政醸造」が、自前の焼酎設備を利用し昨年中頃よりグレーンウイスキーの製造に乗り出したのです。こちらの小政醸造、今年は初のシングルモルトリリースを控えており、今後は自社製ブレンデッドウイスキーの生産にも取り掛かるとの事。
 焼酎の中でも所謂「甲類」は、グレーンウイスキーと同じく連続式蒸留によって造られる製品です。そういった意味ではグレーン製造にとりかかるポテンシャルを持った企業は国内には沢山あるのでした。
 本年、自主基準とは言え「ジャパニーズウイスキー」の定義が定められました。あくまで経済素人の予測にすぎませんが、仮に原酒交換が今よりも盛んとなり「ジャパニーズブレンデッド」の需要が高まっていくとなれば、いよいよブレンデッドグレーン供給のビジネスチャンスが明確化してくるのではないでしょうか。そして甲類焼酎メーカーがこぞってグレーン生産に… なんて話は上手く行き過ぎでしょうかね…
 あくまで今は私の勝手な妄想ですが、ゆくゆくは「フェイマスグラウス」「バランタイン」のような名作「ジャパニーズブレンデッド」が出来てくれることを願って止みません。そのためにも頑張って勉強してしっかりグレーン売らないと…と思いつつ、本日は筆を置かせていただきます。 


(本文・須藤 元)

ショッピングガイド

SHIPPING 配送・送料について

佐川急便(通常)
全国一律880円(税込) 
※離島の場合は別途中継料が発生します

※クール便のご指定無く、輸送中や受け渡し後に起こった液漏れ、劣化等による返品・交換等は、お受け致しかねますのでご了承お願い致します。
クール便ご希望の方は、配送方法で「佐川急便(クール便)」をお選び下さい。
※夏季5月1日〜9月末日迄のご配送は、ワイン、詰替ウイスキーを単独もしくは同梱する際は、クール便(3度前後の冷蔵配達)でのお届けのみとなります。
佐川急便(クール便)
全国一律1,100円(税込)
※離島の場合は別途中継料が発生します

※夏季5月1日〜9月末日迄のご配送は、ワイン、詰替ウイスキーを単独もしくは同梱する際は、クール便(3度前後の冷蔵配達)でのお届けのみとなります。

RETURN 返品について

不良品
商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
在庫の関係上、もし代替品がない際は返金にて対応をさせて頂く場合があります。
返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。

●弊社の手配ミス、エチケット不良などによる場合(抜栓前)、返品・交換を承ります。
※事前にHP内にてエチケット不良に関しての注意事項を商品別に記載していた場合は除外します
●ブショネについては条件として中身とコルク、液体2/3以上残った状態が返品の必須条件となります。
返品送料
お客様都合、ブショネによる返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。
弊社の手配ミス、エチケット不良などによる場合(抜栓前)は当方で負担いたします。

PAYMENT お支払いについて

クレジット
各種クレジットカードでお支払いただけます。
ご注文承り次第、商品の発送手配をさせていただきます。お取引終了後に各クレジットカード会社から料金が引き落とされます。
佐川急便商品代引
配送会社の代金引換にてお届け致します。
恐れ入りますが、代金引換手数料をご負担ください。
銀行振込
お振込み確認後に商品の発送をさせて頂きます。
恐れ入りますが、振込手数料はお客様のご負担となります。
銀行振込(バーチャル口座)